豪雪から外壁を守るデザイン

新潟県妙高市は日本でも有数の豪雪地帯です。周囲を観察していても雪との戦いに傷ついた建物を多く見かけます。

イツミ製作所妙高工場では、屋根の雪おろしをしてしまうと地面に落ちた雪を除雪するまで工場の稼働率が下がるため、ある程度の積雪までは屋根の除雪をしないという方針で屋根は比較的平らにデザインしています。さらに限られたコストの中で雪や除雪車両との接触に備えています。

外壁全体をコンクリートとすると雪に対する強度の面では良いのですが、大変なコストがかかるため、主に除雪車両との接触が想定される部分にコンクリートの壁を用いています。

コンクリート壁から上は、比較的安価なガルバリウム鋼板の角波板としていますが斜め下向きに使うことで降雪との接触を減らす試みをしています。また、外壁が斜めになることで屋根が大きな軒のようにせり出すことになり、建物に近づくにつれ積雪量が減少する効果を生んでいます。

一般的に外壁への降ってくる雪そのものと、積雪の影響を軽減するためには、雁木のようなものを周囲にめぐらすか、軒を大きく出せば良いのですが、雁木は屋根の除雪の妨げになり、大きな軒は屋根に積もった雪の重みに軒が耐えられなくなるという問題を抱えています。この工場では基礎部分から立ち上がったコンクリート上端から軒の先端に向かって補助材を斜めに渡し、外壁を下向きの斜めに貼ることで、軒にかかる雪の重みをある程度受けながら大きな軒のある建物のように建物に近づくほど積雪量が減るように試みています。上部の壁は比較的安価なガルバリウム鋼板角波板を用いていますが、外壁は雪から守られる形になっています。

プロジェクト概要とその他画像はこちら