大島町の家

oshima_006
郊外の新興住宅地に建つ、家族3人のための住宅です。オーナーのリクエストの一つに「将来のことを考え上下移動のない平屋としたい」ということがありました。平屋にすることで部屋の天井は自由になるので大き目の空間の中に木造の登り梁が見えるデザインとしています。リビング・ダイニングを中心とした大きなワンルームに将来子供部屋としてある程度仕切ることができるスペースや書斎、キッチンが同居する開放的なプランが特徴です。また、庭での活動や家庭菜園を想定して深めの軒を装備しています。

oshima_017将来の子供室から見たリビング側
正面奥の色のついた壁の向こう側が書斎が一つの空間にあります
2階が無いので1階の天井を高くすることが容易です
天井は梁を露出させ天井板にもオスモカラーで仕上げた針葉樹合板を利用しています
屋根の断熱と空気層は写真で見えている合板の天井板の上にあります
oshima_021リビング・ダイニングから見たキッチン
キッチン本体とセンターカウンターは木製で制作
キッチンの床はタイル貼りですが床暖房を装備しています
製作・設置の詳細
oshima_047道路側からの外観
oshima_049
oshima_052リビング・ダイニングの面する南側は
モルタル仕上げの軒下空間を設けています
屋外での活動や作業仕掛けのものを置いておくことができる空間です
oshima_009アプローチと玄関は北側です
扉は木製で制作しています

天井板の塗装作業は
オーナーと関係者の手作業で塗っています

プロの指導を受けながらの塗装作業
塗装にはOSMOカラーを使用
oshima_101左は濃さのテスト中のもの
針葉樹合板は安価で強度も充分ですが
節目や模様が目立ちすぎる傾向があります
そのためオスモカラーの白を塗り、
その後拭き取る作業をして
木目を生かしながら節目や模様を抑えています
oshima_102仕上がったところ
上棟時に下向きに施工しました

大島町の家
群馬県太田市
木造平屋

設計監理
(意匠・構造・設備)
インテリアデザイン
栽花建築設計事務所
東森香織 針谷賢 永田雅敬

施工
株式会社吉田組
山上忠志  深澤陽介
HP

家具・キッチン製作
GOTO WOOD WORKS
後藤宏

撮影
ZOOM
浅川敏
HP

Project一覧
Home